忍者ブログ
いろあそび ものづくり
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久しぶりのブログです。
いつのまにか桜も散ってしまいました。

3月で4年つとめた仕事を辞めました。
そのあと大学の友達の結婚式に出るために実家に帰ったり、夫の実家のある大分へ行ったりとずっと家を空けておりました。

やっといろいろ終わって帰ってきて、今になって今までのことを振り返ってみたりしています。

大学の友達に会うのはそれこそ卒業以来で、いろいろ思い出しました。
私は名古屋の美大でテキスタイルデザインを学んでいましたが、実は一番人気のない学科で、人数も少なかったので、こじんまりとみんなで課題の作品を作っていました。
織り機がたくさん並ぶ教室にみんなであつまって、マックにそれぞれ好きに入れた音楽を聞きながら卒業制作に没頭していたあのときは、今思うと本当に幸せな時間でした。

あんなに自分の好きなものを好きなように作ることができる時間と空間があったことは、なんて贅沢なことだったんだろう。

そしてみんなでお金を出し合ってグループ展を開いたりして。

またあんなのやろうねとお互いに約束しました。
東京から作品もって飛んでいくよ。

社会に出て思ったのは、こんなに日本の社会って素直に自分を表現できないところなのかということでした。
だからなんとなくずっと苦しかったです。

結婚して仕事も辞めたけど、またあんな風に表現できるだろうか。
世間に流されることなく自分を表現できるだろうか。

卒業してからは本当に、まさに人生の課題といえるようなことが次々と起こって学生の時に考えていたようなことは何もできなかったのだけれど、絵を描くことだけが唯一続けてこれたことでした。

今回仕事を辞めて不思議と感じたのは
「これで前世から持ち越した人生の課題は終わった。これからは自分で自分の人生を作る」
という感覚でした。前世とかよくわからないのになぜかそう思ったんです。


これからは絵を描くことで社会とつながっていきたいと願っています。
それがこれからの私の夢です。 ランキング参加しています。 クリックしてくれるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

拍手[0回]

PR
110628

10年くらい前から中野祐弓さんの本を愛読しています。
「世界がもし100人の村だったら」
を広めた方として知られていると思います。

中野さんの考え方は
「まず自分の心を満たす」ということ。

自分をめいっぱい愛してるとその愛はかってに広がって
いつのまにか周りの人へも注がれていく。

自分を第一に考えるということには罪悪感を感じます。
「人のため」が一番と教えれていますから。
自分はおいといてまずは人のために。
そういう人をたくさん見てきました。

立派だと思うし、そうあらねばと自分を鼓舞しようとしたりもしましたが
どうも自分の心は苦しいまま。
それに自分が偽善者に思えて嫌になってしまいました。

自分の心が苦しいまま人のためにと何かしたって、された方だって息苦しくなる。

そんなときに中野さんの考え方に出逢いました。

「自分が満たされていると実感すること。
フィールグッド(心地よさ)に敏感になること。
たとえ、周囲の人全員が自分の敵になったとしても、
自分だけは、自分を見捨てずに大切にし、
自分の味方になってあげること。

そんな自分になることができたら、
ごく自然に困っている人に手を差し伸べることができる。
自己犠牲もなく、恩着せがましさもなく、
見返りを求めることもない、

真に愛に溢れた人になることができる。
自分も、周りの人も、世界中の人をも、幸せにすることができる」

自分を大事にすることは
自分を愛してくれる人を大事にすることになる。
だったらもっともっと自分を大事に愛していこうと思います。
 
ランキング参加しています。 クリックしてくれるとうれしいです。
人気ブログランキングへ

拍手[0回]

-HOME-
プロフィール
HN:
chon
HP:
性別:
女性
自己紹介:
水彩のイラストを描いたり、キャンドルを作ったりしています。






Powered by NINJA TOOLS



カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone